アクティビティ

自家用車で行く!セブ最北端マヤ港からマラパスクア島へ②

セブ島への航空券を取るならイーツアーがおすすめ!成田セブ間を3万円前後で取れます!
イーツアーの海外格安航空券、空席照会・スケジュールを見て、その場で予約予約回答、最大の海外格安航空券サイト

自家用車で行く!編。マラパスク島二日目です

前回の記事、マラパスクア編1日目はこちらから
▶︎自家用車で行く!セブ最北端マヤ港からマラパスクア島へ①

本日からダイビングを開始しました、今日は3本予定です
マラパスクアのニタリポイントであるモナドショールには早朝向かいます
なのでスタイルとしては早朝一本、午前2本という形になります
なので元気な人は午後の追加ダイビングも可能で沢山潜れます

マラパスクアのメイン、モナドショールでのニタリウォッチ

マラパスクアといったらニタリザメ!!といってもいいくらい有名です
実際、このニタリを見に訪れるダイバーがほとんどだと思います
そのくらいダイバーの間では有名で憧れの島でもあります

ニタリザメが見れるポイントはMonad Shoal(モナドショール)
マラパスクアの港から約40分船で移動したところにあります基本的に日の暗いうちに出発します
今回は朝5時にショップに集合してポイントに向かったので潜り始めは6時くらいです
日の出と共にダイビング開始
このモナドショールではほぼ100%の確率でニタリザメが見れれます
野生のニタリザメがなぜ、このポイントに早朝やってくるのか、解明されていないそうです
もしかしたら今後見られなくなるかもしれない…なので見たい人はお早めに!w

こちらのポイントでは、ニタリ保護のため、ストロボ・ライト・音のなる物は禁止です
また、保護フィーが1ダイブごとに50ペソ必要なので頭に入れておきましょう

ポイントのスタイルとしては、ドロップオフ沿いの崖に捕まってひたすらニタリを待つというスタイルになります
注意としては流れがあるので、ドロップオフから離れないようにしてください
中層を泳ぐとニタリは基本臆病なサメなのですぐに逃げてしまうためです
なので見かけても追いかけてはいけません
他のダイバーから怒られます

深さは30M前後なので、ライセンスがオープンウォーターの方は基本的にNGになりますが、希望がある場合、一日目にチェックダイブして大丈夫そうであれば連れて行ってくれるそうなのでオープンウォーターライセンスの方も一度お店の方に相談してみましょう

ただ、水深30Mのところにいるのでダイブコンピューターは必須です
しっかりと自己管理をし、ノンデックタイムを超えないダイビングを心がけます
基本的に20分ほど滞在できるので、その時間でドロップオフの向こう側にニタリが優雅に泳いでくるので観賞します

ニタリが現れるとガイドさんが教えてくれるので写真タイム!

本日もニタリ登場です
あいにく大雨続きのセブ島だったので、とても透明度が悪く
ニタリの影は見れるのですが可愛いお目々が見れず…
でも、ニタリの特徴である尻尾!!長いです!すごい!

こんな感じで次から次へとニタリが目の前を泳いでいきます
同じ個体か別のかはわかりませんが、この日だけでも7匹は目の前を泳いでいきました

感動していると、ノンデックタイムが迫ってきたので棚の上に移動して
ロープに捕まってセーフェスタイムをとって浮上となります

ニタリポイントは続けて2本、ということができませんので1日1本勝負です
というのも、早朝しか出ないので1本潜って水面休憩を取ってるとニタリはいなくなります
ニタリをどうしても見たいという方はニタリを見れる日を2〜3日とるといいでしょう

今回私たちも、本日と翌日予備として用意しました

ニタリダイビング後は?

ニタリダイビング後はこの後午前にダイビングが入っていても基本的には一度
マラパスクアの港に戻ってきます
そこで、それぞれの滞在先のホテルで朝食を取るために一度解散し、再び8時前後にお店に集合という形になります

なので、朝食付きでホテルを取ってもらっても問題はありません
一度帰ってくるので食べれないということがないので安心です

また、一度帰ってまたお店に行って、と頻繁にお店とホテルを往復するので
利用するショップの近くにホテルを取った方が賢明です

今回、利用ショップはブルーヘブンさん
利用ホテルはスラムスガーデンリゾートです
この二つの距離は徒歩2〜3分ほどなので移動がすごく便利で大変良かったです
どこのホテルがいいかは、一度ショップの方に相談するといいかもしれません

午前のダイビング2本スタート

ホテルで朝食を取り、ゆっくりと休憩したらショップに戻り船に乗船して午前のダイビングスタートです
本当に申し訳ないのですが、ログをつけていない為午前の2本がどこのポイントに行ったのかわかりません…すみません!
でも近い場所でしたのでDeep RockやLapus Lapusのいずれかなあと思いますw

このタビングは主にマクロ系です!じっくりと生物観察です
どうやらピグミーシーホースがいる場所があるので見に行くというので見たのですが…
老眼のため、見れませんでした!

ほら!ここ!と指をさされても小さすぎて、また擬態がうまくて見れません…
どうやらこんなやつがいたらしいです
写真は同行者のプロ写真家の方が撮影したやつです
擬態うますぎですよねー?さっぱりわかりませんでしたw
こんなのを探して撮影したり、カエルアンコウもいましたし、珍しいウミウシも沢山

残念ながら、マイカメラがゴープロのため、わたくしマクロは見るだけなので
写真がなくてすみません

生物に触ってはいけませんが、コテンフグはダイバーみんなに追っかけられて
膨らまされて大変です
みんなでピグミーシーホースを探している写真です
左のガイドさんがほらこれ!と指を指しているのですが、右の2名『???」状態です

ニタリ、そしてマラパスクアでは季節によってハンマーもみられます
マンタや運が良ければジンベイサメもいます
大物天国のマラパスクアですが、マクロも充実しているので最高です

2本と3本目のサーフェスタイムに訪れた秘密の島

ダイビングでは必ずダイビングとダイビングの間にサーフェスタイムという
水面休息時間というのを設けます
基本的に1時間ほど、窒素を体から抜くということで休まなければいけません
その時間を利用して私たちダイバーはいろんなことをします

今回は近くの無人島…というかただの崖の島の近くに船を停船して休憩
ここの崖から担当のインストラクターがよくバンジーするということなので
みんなでバンジータイムです!
高さはどれくらいあるのでしょうか?船から見上げてもそれほど高さはわかりませんが
実際上に行って下を見下ろすとかなり違います
この島への登り方は、ローカルの人はもうこの斜面をスイスイ登って行ったのですが
私たち日本人は無理なのでw
島の後ろがゆるい崖になっているのでそこから登ります
崖の上からの眺めです、ゴープロからの撮影なので地球が丸く感じます
船が小さく見えますね!
以外と手前が水深浅いので少し前に飛んで飛び降りる必要があります
今回は写真に写っている友人と私、美穂と、担当インストラクターりゅう君と
ローカルスタッフ2名の合計5名が無事飛び降りを果たしました

正直私は躊躇しまくりで一旦飛び降りではなく落下になりそうになったのですが、なんとか踏ん張り体制を持ち直してちゃんと飛び降りました

ただ、代償として島に泳いで渡る際にウニを踏んだのと、帰りに指をクラゲに刺され
足と指がかゆーい!笑
でもまぁ、勇気をもらえました
マラパスクアに行った際はこちらの崖から是非飛び降りてみてください

こうして午前のダイビング2本を終え、ダイビング終了です
12時前にはマラパスクアに戻り、お昼ご飯に教えてもらった寝れるレストランへ行きました

寝れるレストラン!?へ行ってみた

寝れるレストランはスラムスガーデンリゾートのほぼ目の前にあります
黄色の建物が目印です
画像切れ切れですみません…
こんな感じの建物があったら入ってみましょう!
レストランの名前が不明ですが、ショップのスタッフに横になれるソファーがあるレストランで黄色の建物ってどこ?って言うとすぐにわかると思います食事前と後は寝っ転がりながらくつろいで、がっつりご飯のときはテーブルへ
なんてこともできちゃいます
まじでがっつりご飯!料理は基本的にフィリピン料理が多いです
味は…まぁまぁです、肉がすこし硬くて疲れますw
食後のくつろぎです
くつろぎすぎです!笑
でも毎日の雨続き…ソファーはすこし湿っていて残念な感じでしたw
レストランは素敵なテラスもございます
雨なので利用はできませんでしたが、いい天気の日には利用したいです
朝にダイビングして午後はフリータイム!島タイムといっていいでしょう
のんびりとした時間がすごせます、最高です

BLUE HEVENさん併設  日本料理 IROHA

1日目のお昼と2日目の夜の合計2回お世話になりました
日本料理がやはり恋しくなりますねw早い?

カツや天婦羅、お寿司、お好み焼きからラーメンまでかなり豊富なメニューでした
日本酒もあり、欧米の方々に人気で皆さん飲んでいらっしゃいました
海が目の前ののんびりできるレストランです
価格も高くはないので、是非一度足を運んでみてください


さて、2日目が終了しました、翌日が最終日です
3日目は早朝もう一度ニタリを見に行ってそのままマラパスクアに戻らずに、念願だったカランガマン島への遠征に行くことになりました

マラパスクアに行くと言ったら、誰もが口を揃えてカランガマン島へは言った方がいいと言われました
果たしてそこはどんな島なのか?ワクワクドキドキです

そして1日目、2日目の雨続きでしたが明日は晴れるとの予報!
晴れのカランガマン島が見たい!てるてる坊主作っておやすみなさい

ご覧いただきありがとうございます
是非シェアしてください

Twitter で
ABOUT ME
MIHO
セブ島を中心に世界を旅するトラベラー美穂です。 セブ島渡航回数40回以上、主にセブシティ・マクタン島に滞在し、あらゆるレストランやカフェ、マッサージへ足を運ぶ。アクティビティや現地情報も配信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください