セブ島情報

フィリピンのSIMカードとチャージ方法

セブ島への航空券を取るならイーツアーがおすすめ!成田セブ間を3万円前後で取れます!
イーツアーの海外格安航空券、空席照会・スケジュールを見て、その場で予約予約回答、最大の海外格安航空券サイト

フィリピンの短期旅行者であれば、ホテルやレストランのWiFiなどでしのげるかも
しれませんが、中期滞在、長期滞在者となればやはり現地SIMカードを買った方が便利!

SIMフリースマホや格安SIMもだんだんとメジャーになってきていて
海外で現地SIMを買って繋げるのも容易くなりました!

SIMフリースマホは断然ZenFone2がおすすめ

HPはこちらから

日本で使うのにもオススメですし、海外でもオススメの一台です
台湾のメーカーで、防水やお財布ケータイはありませんが画面もでかく
手頃な大きさで重宝しています

しかもなんていったってデュアルSIM!

デュアルSIMとは?

SIMカードが二枚入れるということです!
ただ、これは日本で使う分には実は全く関係ない話…
というのは一つは通信や電話が使える1スロット、2スロットは電話しか使えません
そして電話は2Gを使っているので日本は全く対応していないんです

ただ、海外では快適です
ここフィリピンではスロット1にデータ通信用のSIMを、スロット2に
音声SIMを入れると最高なのです!

SIMカードはどこで買えるの?

SIMカードは色んなところで売っています
一番てっとり早いのは空港ですね
フィリピンセブで話をすれば、マクタン空港で手荷物を受け取り
荷物チェックを通り過ぎて右手の奥にカウンターはあります

話しかけるとSIMカード?って言われるのでYES!と言えば買えちゃいます!

あとは、スーパーの中やショッピングモールなど様々な場所で買えます
カード自体も安くて40ペソ前後だった気がします

SIMはグローブとスマートの二種類の会社がある

どちらを使っても問題ありません
LTEがどうのこうのとか言っていますが、私のいるマクタンにはそもそも電波が飛んでいない
お好きな方でいいと思います

チャージ方法

もちろん空港で買えば何日間の定額データ通信ていうのを選べて設定してくれるので
チェージとかこちらでやる必要もありません

でも長期滞在で30日以上データ通信する場合は30日以上がないので
チャージしていく必要があります

その場合はプリペイドカードを購入します

100ペソ〜500ペソまであります
30日は1000ペソかかるので500ペソを二枚、という感じです

これも空港でもスーパーでももしかしたらサリサリ(露店)でも売っています

  1. このカードの裏にコインで削る場所があるので削って番号を出します
  2. そしたらスマホで223にそのデータ通信用のSIMの番号で発信します
  3. すると音声ガイダンスが出るので、前半の数字を入力して#︎⃣を押します
  4. 次に後半の数字を入力して#︎⃣を押します
  5. 自分が何日間のデータ通信にするかによって値段変わります(1日50ペソ、3日120ペソ、5日200ペソ、30日999ペソ)
  6. そしたら今度はテキストで8888に SUPERSURF50 と打ち込みます

以上で、チャージが完了し、定額データにするよっていう操作をしたので
これで通信し放題です!
スーパーサーフェスの部分は大文字、数字の部分はペソなので、日数によって変わります

まとめ

短期旅行であれば空港でやってもらいましょう!
APNの設定もあります、ただ私のゼンフォーン2は設定なしでできちゃうんです!

だから、ゼンフォーンオススメですよ♪
しかもテザリングもできちゃうので、ルータ代わりになりパソコンも繋げられます

これでいつでもどこでも通話と通信ができる状況になりました!
少し遠出しても地図が出せたりするのは便利ですよね

フィリピン旅行の際は、SIMフリースマホを持って行きましょう
くれぐれも成田の空港でルータを借りないように!高いですからねー

ご覧いただきありがとうございます
是非シェアしてください

Twitter で
ABOUT ME
美穂
セブ島を中心に世界を旅するトラベラー美穂です。 現在月1または2ヶ月に1回程度旅に出ながらブログを書いています。 夢はパソコン一台で稼ぎながら旅をすること!ドラクエみたいに旅していたい。 プロのダイバーで色々なところに潜っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください