セブ島情報

GrabアプリからフィリピンのSIMカードに直接ロードが可能!ロード・チャージ方法を徹底解説

Grabアプリ
セブ島への航空券はイーツアーがおすすめ!成田セブ間を3万円前後で取れます!
イーツアーの海外格安航空券、空席照会・スケジュールを見て、その場で予約予約回答、最大の海外格安航空券サイト

フィリピン渡航者だけではなく、海外へ行く方にとって関心の高い出来事が、現地でデータ通信をどのようにして接続するかだと思います。

結論から言うと、フィリピン(マニラやセブ島、ここでは主にセブでの話)では短期旅行者は日本から事前にイモトのWi-Fiを契約して持って行った方が楽です。




私も最初の頃はイモトのWi-Fiをよく借りていました。

1週間程度の滞在、すぐにフィリピンへ戻ってくる予定がない場合は、SIMを購入して使う必要性はあまり感じられません。

ただし、1週間以上の滞在、ビジネスや語学留学での滞在、フィリピンリピーターでまた半年や1年以内にフィリピンへ行くつもりの人は、現地SIMカードを購入してデータ通信をした方が安上がりです。

フィリピンのSIMに関してはこちらの別記事を参照してください。

あわせて読みたい
フィリピンSIMカード
フィリピンセブ島で現地SIMカードを使う方法を詳しく解説(globe編)海外でのデータ通信は、旅行者の悩みのタネの一つですよね。 特に初めて行く国に関しては、どうしていいかわからない方も多いと思います。...

今回は、フィリピンのSIMカードを利用している方におすすめできる簡単なロード購入方法を紹介したいと思います。

私はglobe社を使っているので、globeメインで説明していますが、smartのSIMでも同じです。

Grabアプリからglobeのロードが買える!簡単で便利な方法とは

今までフィリピンに来た際は、現地の空港カウンターなどでglobe社のロード用のプリペイドカードを購入していました。

フィリピンSIMカード

2週間滞在するので、いつも5日間定額×2+1日定額×残り日数分といった感じでロードして定額設定をしていました。

だいたいいつも500Pと200Pのプリペイドカードを購入していたのですが、

1、カウンターで購入する(現金のみ)
2、スクラッチ削って電話をかけて数字を入力していく
3、定額設定をする

という手順を毎回やっていました。

一番のネックは現金払いのみというところですね。出来る限りクレジットで支払いたい派なので、いつも不満に思っていました。また、ロードする方法も面倒で、初めてやる場合は戸惑います。

ですが、今回友人がGrabアプリでロードすることができると聞いていたのでチャレンジしてみました。

この方法は、あらかじめフィリピンのSIMカードを持っていて、追加でロードしてデータ通信したいという人向けです。

初めてフィリピンのSIMカードを購入する場合は、大抵滞在日数分のデータ通信込みのSIMカードを空港で購入するので、その場合は必要ありません。前回フィリピンで購入してSIMカードがあるけど、それをまた今回も使いたいという人向けです。

この方法ですと

・クレジットカードが使える
・カウンターで購入する必要がない
・アプリ画面で見やすくわかりやすい

こんな感じのメリットがあります。

通信が繋がっている必要があるので、空港のWi-Fiでつなげておいて、スマホから簡単にロード、定額通信してすぐにデータ通信ができちゃいます!

1.Grabアプリを開く

まずはGrabアプリを開きます。まだ使ったことない人はこちらからインストール。

Grab App

Grab App

Grab.com無料posted withアプリーチ

セブではタクシーがなかなか取りにくいのですが、Grabタクシー&カーは割とすぐに捕まりますし、支払いもカードが使えてとても便利ですよ。

あわせて読みたい
グラブタクシー
セブ島の移動手段はGrab(グラブ)!カード決算で楽々、おすすめする5の理由と使い方を紹介フィリピンセブ島は島国です。セブ島は第二の都市と呼ばれていますが、鉄道が通っていません。 なので、交通手段はタクシーやレンタカー、...

2.LOADアイコンを押す


次にLOADアイコンを押します。

普通にタクシー配車したい場合は「Car」を。

3.電話番号と金額を指定する


するとこのような画面になります。まずはロードをしたいので、「モバイルクレジット」の方になっているのを確認してから、自分のフィリピンのSIMの電話番号を入力、そしてチャージ金額を選びます。

金額は10Pから1000Pまであります。

金額を選んだら NEXT を押してください。

4.Grab payにクレジットから一旦チャージする


そうすると、「cash in」からチャージをしてくださいと案内が出るので、一旦チャージをします。

ロードをするためには、一旦クレジットカードなどからGrab payにチャージして、その金額でロードを買うという流れです。
Grab payは日本でいうLINE payみたいなものです。


クレジットからチャージを押します。


そうすると、500P・1000P・2000Pの3種類もしくは自分で好きなペソ分チャージできます(ただし下限があるようです)。その後、2のセレクトペイメントを押します。


私の場合、すでにGrabタクシーをカード払いで使っているので、カード情報は登録済みです。そのカードを使う場合は1番上を、他のカードの場合は新たに登録できます。


クレジットから無事にチャージできるとこのような表示に。これでとりあえずgrabアプリにチャージできたので、その後ロードを購入します。

5.ロードを購入する


これで先ほどのLOADの画面に戻り、電話番号とロードする金額を選びます。


私は100P分のロードを購入しました。実質の支払いは95Pです。プリペイドカードでロードするよりもお得な金額になっています。


ロード購入ボタンを押すとこのような表示に。無事に100P分のロードが購入できたようです。1番下のViewを押すと詳細が見れます。


こちらが詳細。

6.ロードが無事に出来るとすぐにメッセージがくる


ロードが終わると同時にメッセージがきます。100Pロードしましたというメッセージですね。


222宛に「BAL」と送ると残高が参照できます。ちゃんと100Pチャージできたようです。

これだけではロードしただけなので、定額通信する場合はSUPER SURF200や999などをテキストで送るか、


LOADの画面で右側のモバイルデータを押して、そこからも定額通信を設定することができます。

まとめ

一旦Grab payにチャージする必要はありますが、とても簡単にロードが完了しました。定額通信もアプリ内からできますし、他のプランが使いたいのであればいつも通りSMSからメッセージを送れば定額通信設定できます。

これでわざわざSIMカウンターに行ってロードカードを購入する必要がなくなりました!

長期滞在者や、フィリピンリピーターの方は是非利用してみてください。

あわせて読みたい
フィリピンSIMカード
フィリピンセブ島で現地SIMカードを使う方法を詳しく解説(globe編)海外でのデータ通信は、旅行者の悩みのタネの一つですよね。 特に初めて行く国に関しては、どうしていいかわからない方も多いと思います。...

ご覧いただきありがとうございます
是非シェアしてください

Twitter で
ABOUT ME
MIHO
セブ島を中心に世界を旅するトラベラー美穂です。 セブ島渡航回数40回以上、主にセブシティ・マクタン島に滞在し、あらゆるレストランやカフェ、マッサージへ足を運ぶ。アクティビティや現地情報も配信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください