旅❤︎女子 

セブに行きまくりの私が発信する!セブ島情報

自家用車で行く!セブ最北端マヤ港からマラパスクア島へ①

自家用車で行く!セブ最北端マヤ港からマラパスクア島へ①

自家用車で行く!編。今回はついに北のマラパスクア島へ行ってきました!
ダイビングを始めた頃からずっと行きたかったマラパスクア島なのですが
セブマクタンから片道3時間以上かかる上にそこから、船に乗りまた30分ほど

ダイビングショップにツアーをして欲しいといっても
めちゃくちゃ高くなるから自分で行った方がいいよと言われ
そんなこんなで月日が流れダイビングを始めて5年が経過…
ようやくマラパスクア島へ行くことができました!

今回はその行き方、費用、マラパスクア島の紹介、ホテル、レストラン、ダイビングの様子について書きたいと思います

24時間その場で回答、格安航空券が自動予約
海外格安航空券ならイーツアー!!

日本からセブまでの航空券はこちらのイーツアーで取ると往復35000円程度で行けます

マラパスクア島の玄関口、マクタンからマヤ港までの行き方

まずはセブの真北、マヤという街まで行く必要があります
場所はこちらです

ルートはこんな感じ
結構本気の山越えしまくりです!

行き方は様々ですが
一番やすい方法はもちろんバスです!
バスですと片道200P前後で行けます
ですがバスはオススメできません
その理由の一つは時間がかかりすぎることです
どこでも客を乗せ、どこでも客を降ろすので時間がめちゃくちゃかかります
友人がバスで行った話では5時間はかかったそうです…
セレスのバスは座席も狭いですし辛いです
しかも友人が乗った際は、港まで行かず手前で降ろされてしまったので
港までの道を歩かなければならなかったみたいです
そして隣はワキガの人が来たときは地獄だと言っていましたw
特に問題ない!という方は、セブのノースバスターミナルからバスに乗って行ってみてください

オススメはタクシーかレンタカーのバン、ダイビングショップの送迎です
タクシーはだいたい交渉制ですが片道3000Pで行けるそうです
これは完全に交渉と運転手次第なので値段が前後しますが、タクシーでも行けることは行けます
タクシーで行く場合は数日前からいろんなタクシーに声かけてこの日マヤ港までこの値段で行けるか
交渉してみましょう!できればマクタンではなく、セブシティのタクシーのほうがいいかも

実は穴場でレンタカーのバンも3000Pです 基本的に相乗りしないそうなので人数が少ないと
大きいバンにのんびり座れるのでオススメです!
実は帰り、ハプニングで自家用車で帰れない事態が発生したのでバスで帰るかなにで帰るか
困っていたらその場にいたおばさんに、この車が今からマクタンの空港に行くから
ついでに乗せて行ってくれるそうで!値段を聞いたら3000Pでした
マクタン空港などからマヤ港までの送迎をしているそうです
何人乗っても3000Pでした、4人で割れば800Pほどです これはオススメです!
道中は辛いので1シート使って横になって起きたらマクタンの宿に着いてましたw

ただ、英語で電話して予約しないといけません
英語がバリバリ喋れる方はこちらで是非予約してみてください

大人数の場合はダイビングショップの送迎もオススメです
日本人ショップであるブルーヘブンが送迎をやっています
今回もマラパスクアのダイビングはブルーヘブンさんを利用しました 一人だと割高ですが、人数がある程度集まっているとやすいかと思われます
また、ダイビングや宿泊のパッケージが安くてオススメだと思います!
5日間でダイビングと送迎、宿がついてこの値段は旅行者にとっては格安です!
ブルーヘブンさんのダイビングについてはまた改めて紹介させていただきます

今回は車を持っている友人同行の旅でしたので移動手段は自家用車
人数は4人でした
4人分のダイビングのフル器材を持っての旅立ちです
ガソリン代は片道で約1000Pです

マヤ港までの道のりに特に楽しいものはなく、ひたすらマヤ港まで向かい
3時間ほどで着きました
港はどうやら二つあるらしいですが、たぶんでかい方の港に着きました

マヤ港からマラパスクア島までの手順


一応地図では港は一個しかないですね
たぶんこの地図に載っているほうに着きました

港の様子です
前の台風の影響でチケット所が飛ばされたらしく、ないらしいです
とりあえず誰かが話しかけてきてくれるので料金払えば大丈夫です
港には一応飲み物売ってる売店がありました
マヤ港では車の駐車ができる!
こちらの港に車を駐車しました
1日100Pだったかな?詳しく忘れてしまいましたが、そんなに高くないです
特に車はいたずらされることも荒らされることもなく無事でした

とりあえず車を勝手に停めれば人が寄ってきて、1日いくらだ!って言われるのでそれに従えばOKです
荷物はポーターが運んでくれる!
ついでにポーターも寄ってきて荷物を運んでくれます
自分たちで運びましたが、船に乗り移るさいの足場がすごく悪かったので結局最終的に
頼みました
あんな重いのを背負ってあの不安定な足場を渡るフィリピン人は頼もしいですね
もちろんポーターは有料ですのでしっかりとお支払いくださいね
値段はたぶん心づけです、私たちは100P渡しました
船の料金も決まっています
100Pです
スモールボートといって、マラパスクアについても潮の関係で直接港までつけない場合は
小さい船に乗り換えていくのでそれでまたお金がかかります、20Pですね
ただ、この船の料金も時と場合によって値段は上がります
人が少なかったり、荷物が多かったり、海が荒れていたり?w
今回も私たちは100Pでは渡れず200Pくらい一人払いました
港に船の料金の案内とダイビングの案内の看板がありました
いざ船に乗り込みます!
今回は船に乗り込んでから約30分後に出航しました
人が集まるのを待っていたのもありますが、その後どんどん水やら食料やらが積まれていき
それを積み終えるのをひたすら待たなければなりません!笑

マラパスクアの生命線なので文句は言えませんね、はい

ちなみに、この待ち時間が嫌い!っていう方は、前に紹介したダイビングショップのブルーヘブンさんの
パッケージツアーで行くと、マラパスクアとマヤ港の船の送迎も入っているのでとてもスムーズです!
おそらくこういったショップの船だと違うもう一つの港に行くんだと思われます

事実、帰りが面倒になったのと、行きが結局4人で1200Pぐらい船料金で取られているので
ブルーヘブンさんの船の送迎1500Pとなんら変わりなかったので帰りはそちらの送迎を
使わせていただきました!快適でした!
30分ほどしてようやくマラパスクア島に到着です!
実はマラパスクアに行ったのが1月の後半だったのですが
天気がずっと雨続きで結局回復せず初日と二日目はほぼ雨でした

ですが、小舟に乗り移り、その海の透明さに思わずテンションMAX!
マラパスクア島、最高です!

秘境!マラパスクア島へ上陸

島に上陸したら、ローカルがとりあえず集まってきてどこに行くのか聞いてくるので
ローカルと話してみましょう
ホテルまでの案内やダイビングショップが決まっている場合は案内してくれたり
お店が決まってない場合は紹介してくれたりします

私たちの場合は決まっていたので店を伝えたらそこまで荷物運びと道案内をしてくれます
もちろんチップを忘れずに!

まずダイビングショップで器材を置いてスタッフと明日のダイビングについて打ち合わせです
打ち合わせが終わったら初日はのんびりタイム
ホテルでチェックインして街散策に出かけました

マラパスクアの日本人ダイビングショップ BLUE HEAVEN

今回利用したショップは日本人経営のBLUE HEAVENさんです
マラパスクア島には日本人ショップが現在2件、このブルーヘブンさんとエメラルドグリーンの
2店舗になります
英語ができる友人がいるので外国人ショップでもよかったのですが
料金不透明なショップが多く、不安だったため今回は料金がはっきりとしていて安かった
ブルーヘブンさんを利用しました
料金は一本単位で、ポイントによって追加チャージがかかるシステムです
その他にマラパスクアではマリンフィー200Pが1日ごとにかかるそうです
基本的にマラパスクアダイビングはニタリサメがメインなのでモナドショールメインですね

このショップはフル器材レンタルが1日800Pと安いのが特徴です
マクタンとかのお店ですと1日2000P取るのは当たり前なので…良心的です

また、既にお話した通り、かなりお得なパッケージツアーがあるので旅行者にとっては
かなり魅力的かと思われます
私たちは在住、半在住者なので今回はパッケージは利用せずにダイビングのみの利用です
ポイントマップです
時期によってはハンマーも見られるそうです
マンタも!そして運が良ければ野生のジンベイザメにも出会えるすごいマラパスクアです

ブルーヘブンさんでは日本人2名が常駐しています
今回は八木さんという若いインストラクラーさんが二日間担当してくださいました
ありがとうございました
ダイビング料金としては、
5本潜り、2本がニタリポイント、3本が他ポイント
カランガマン島へのアイランドホッピングもつけました
料金は1人1万ペソジャストぐらいでした
26000円前後です

マラパスクア島のホテル スラムズガーデンリゾート

今回のマラパスクアでの宿泊はスラムスガーデンリゾートというところを利用しました
スラムズガーデンリゾート
ホテルドットコムで探したのですが、こちらに2泊したのですが1泊なんと2800円です
2泊しても6000円です
一室料金なので二人で泊まれば半額です
安かったのであまり期待はしていなかったのですが、結果的に最高でした!!

立地が最高
場所がブルーヘブンのお店からわずか2分以内という場所にあります
また、繁華街の中で港からも近いので立地が最高です
どこへ行くにも申し分ない場所でした
プールがついている
安いホテルはついてないことが多いのですがここにはプールがちゃんとあります!
欧米の方向けなのか足がつきませんがw
温水シャワーがしっかり出る
これ重要ポイントです!ダイビング後はやはり暖かいシャワーを浴びたくなります
ちょろちょろの水シャワーでも慣れましたが、暖かい水圧が抜群のシャワーはやはり快適です!
なんとよく見たらパナソニックのシャワーでした
どおりですごくいいシャワーなはずです!
ちなみに、スタンダードの部屋を利用したのですが、デラックスルームに宿泊した友人は
温水が出なかったと言ってました…
私は確認してないのですが、デラックスでは不明です
スタンダードでは温水は出ます!
シャワーとトイレが別
なんとこのホテル!シャワートイレ別なのです
ほとんどがトイレの隣にシャワーがあり、水浸しの中、トイレに入ったりと不愉快な思いをするのですが
ここでは独立しているので快適です

クーラーはありの部屋となしの部屋があります
今回は安い部屋なのでなしでしたが、扇風機もありましたし
今回はそもそも暑くなかったので必要ありませんでした
朝食もなしのプランでしたが、朝レストランで食べれます
200P前後でしたので別で頼んでも安いです
アメニティ類は石鹸とシャンプーのみです
歯ブラシは持参しましょう
ドライヤーやクシなどもないので女子は持参するか諦めましょう!笑
クローゼットの中にセキュリティボックスがありました
スタンダードの部屋は冷蔵庫はありませんが、デラックスにはついています
洗面台も大きく、この値段でこのクオリティでしたら次回もぜひ利用したいホテルです!

マラパスクア初日は街散策

初日は8時にマクタン島を出発しました
だいたい12時前にはマヤ港についてマラパスクア島に渡ってきました
ダイビングショップへ荷物を置いて明日のダイビングのことについて話を済ました後
ホテルにチェックインしてその後、街散策と出かけました
ブルーヘブンさんが経営している?日本食料理のIROHAです
初日の遅いお昼ゴハンはここで食べました
IROHAについては次回第二弾で詳しく書きます
夜は街散策
いろんな屋台やサリサリが並んでいます
ビーチ沿いにはホテルとともに沢山のレストランがあります
ローカルバーベキューはどこにでもありますね!
ビーチ沿いには沢山のレストラン、バーが軒を連ねています!
どこも欧米の人がほとんどで、皆さん楽しそうに飲んでいます
夜ゴハンはオススメのイタリアンのお店に来ました
ピザやパスタを堪能
ゴハンをたべていると犬や猫が周りをウロウロ
決して勝手に手を出してきたりはしませんが、物欲しそうにずっと眺めています
ご飯代は割っても一人500P程度でした

マラパスクア島 初日が終わって

マラパスクア初日編でした
到着日ということでダイビングや海遊びはなしで街散策メインです
とてもこじんまりとしていて、それでいて施設は充実していて、日本人は少なく
かなりいいリゾート地です
明日はニタリは早朝に出るので5時に船が出航するので早めの就寝です

次回マラパスクア2日目編です

▶︎自家用車で行く!セブ最北端マヤ港からマラパスクア島へ②

この記事が気に入ったら
いいね!してね

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

フェイスブックでコメントする

私のセブ島留学シリーズ

More
Return Top