旅❤︎女子 

セブに行きまくりの私が発信する!セブ島情報

【東横インセブ】セブ島に出来た日本の東横インに泊まった感想

【東横インセブ】セブ島に出来た日本の東横インに泊まった感想

日本一の客室数を誇るビジネスホテル東横イン。

一度は泊まったことがあるといっても過言ではないかと思います。私自身も東横インは好きで、最近では会員になったばかりです。

東横インの特徴は、日本全国、そして世界各国どこの東横インに泊まっても、同じ間取りで同じインテリアを使用しているということ。

そのため、利用する側はどこの支店に泊まっても同じサービスで見慣れた部屋を利用できるということです。

ですが、今回紹介する国はフィリピンのセブ島。正直言ってフィリピンで東横インのクオリティを出すのは難しいのではないか、と思うのですがどうなのでしょうか?

開業予定も伸びに伸びてついに2017年5月にオープンしたばかりです。

セブ島の東横インは実際どうなのか?泊まってきたのでレポートしたいと思います。

東横インセブの場所


東横インセブは、セブ島のJセンターモールに直結しています。Jセンターは、マクタンとセブを繋ぐ橋を渡ってすぐのところにあり、両方行き来しやすい場所です。

Jセンターは小さいモールですが、観光ビザを更新するオフィスなどが入っているモールです。飲食店やスーパー、マッサージやカフェもあります。

東横インセブの外観・館内


それでは東横インを紹介していきます。こちらがロゴ。東横インは1階部分はセキュリティチェックのみで、フロントは6階にあります。


フロントのある6階から上の階へ行くにはカードキーが必要です。ただし、一階から直接部屋のフロアへ行くのにはなぜかカードキーは必要ありません。不思議な国フィリピン。


フロント横にあるビジネスコーナー。パソコンとプリンターが置いてあります。セブ島ではコンビニにコピー機がないので重宝します。


フロント前にはソファーと新聞が置いてあります。日本語の新聞とフィリピンの新聞両方ありました。


フロント。東横インのピンクと黄色の制服もしっかり着用しています。受付スピードは、オープン間もない頃は遅かったですが、もうだいぶ慣れたようで早くなりました。


支払いにはクレジットカードが使えます。セブ島ではほとんど使えないJCBも、東横インなら使えます。チェックインの際にデポジットは特に求められませんでした。


客室フロアのエレベーター部分。東横インセブは500室ぐらいあるので、すごい広いです。


エレベーター内には朝食の案内や客室清掃の案内が日本語の英語両方書いてあります。


ルームマッサージやホテル内レストランの案内もありました。


まだバーラウンジは使ったことありませんが、良さそうですね。6階にあります。



東横インセブの客室

それでは客室を紹介します。まずはシングルルーム。


シングルルームといっても、ダブルサイズよりも大きいベットが設置してあります。かなりフカフカで快適です。


部屋の中はこんな感じです。まさに東横イン!日本と変わりないインテリアで驚きです。大きいテレビでは日本のNHKプレミアムが見られます。


セブ島ではあまりないドライヤー完備、そして卓上の鏡。鏡は机の前にもありますし、全身鏡も浴槽横に設置してあります。


ポットとコーヒー。コーヒーのみで紅茶はありません。無料の水は2本置いてあります。


浴槽です。セブ島ではなかなかバスタブ付きのところはありませんが、東横インではバスタブ付きです。


アメニティは歯ブラシとシャンプーが置いてあります。


シャワーはハンドシャワーの他に、天井からも使用可能。洗濯用のロープも出てくるところが、日本クオリティです。



東横インセブの無料朝食

東横インの特徴は無料朝食付きですが、セブ島でももちろん無料で付いてきます。


6階のフロントがあるところが朝食会場です。椅子が多く設置してあるので、座れないことはありません。


ジュースが2種類とコーヒー、あと紅茶も飲めます。


食事は簡単なものですが、ご飯が2種類(白米とチャーハン)、おかずが3〜4種類、サラダ、フルーツです。


初めて泊まった時にいただいた朝食です。


2回目に宿泊したときにいただいた朝食。だいたい内容は変わりないです。スープが味噌汁のほかにもう一種類日によって変わります。

東横インはおにぎりというイメージが強かったのですが、セブ島では違うようです。オープン一ヶ月以内はおにぎりだったようですが、不人気だったのか最近ではご飯のみです。

フィリピン人の嗜好に合わせているのかと思います。

東横インセブ近くにあるオススメ

東横インの近くにあるオススメスポットを紹介します。


東横インを出て右に行くとあるマッサージ店。日本人オーナーらしく、日本語でも案内がありわかりやすいのと、やすいです。


特にハッピーアワーが安く、全身マッサージ1時間300Pで受けられちゃいます!店内にはトイレがないようなので、済ませてから行きましょう。

まとめ

2017年までは安い価格で泊まれるようです。シングルなら1300P(3,000円)で泊まれちゃいます。クラブカードがあると1,235Pです。

クラブカードがあると、通常16時チェックインが15時チェックイン、そして10回泊まると1泊タダになるので、何回か泊まる予定があるのであれば作ったほうがお得です。(有料)

ちなみに東横インは公式HPが最安値価格なので、直接HPで予約しましょう!

▶︎東横インセブの公式HPはこちら

東横インがあるA.S.フォーチューナ通りは多くの飲食店があるので便利な立地です。


ちなみに東横インの施設ではありませんが、大型プール施設が併設されています。東横インの6階フロントがある階から直接行くことができます。1日500pほどだったと思います。

家族連れにもオススメのホテルです!

この記事が気に入ったら
いいね!してね

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

フェイスブックでコメントする

私のセブ島留学シリーズ

More
Return Top